TOP > 料理 > 一品追加に「小松菜のごま和え」レシピ
一品追加に「小松菜のごま和え」レシピ

更新: 公開:

一品追加に「小松菜のごま和え」レシピ

野菜が足りないな、と思ったときの簡単副菜です。小松菜は安価で栄養豊富なので重宝します。

材料

2人分

  • 小松菜 ・・・ 2束
  • 調味料
    • ごま ・・・ 大さじ2
    • 砂糖 ・・・ 小さじ1
    • 醤油 ・・・ 小さじ1

つくりかた

小松菜を湯がく

水1リットル程度を鍋に入れて、中強火にかけます。沸騰したら塩約小さじ1を加えます。

小松菜は、束のまま湯がきます。
切ってからでもいいと思いますが、切り口から水溶性の栄養が溶け出すそうです。

鍋に、まずは茎の部分を入れて30秒、その後葉の部分を入れて、1分湯がきます。

湯がいた小松菜を冷水(夏は氷を浮かべる)に入れて急冷します。

小松菜が冷えたら、手でギュッギュっとよく絞ってまな板に起き、5cm程度に切ります。

味付け

すり鉢にごま大さじ2を入れて、すりこぎですります。好みによりますがだいたい8割ぐらい(少し粒が残っている程度)を目安にすります。

すったごまに、砂糖小さじ1と醤油小さじ1を加えます。
バランス的にはこの配分ですが、甘さを控えめにしたい場合は、小さじ半ぐらいでもいいかと思います。

切った小松菜を、もう一度、ギュッギュっと絞り、水気を切って、すり鉢に入れます。

菜箸で小松菜をほぐすようにしながら、全体的に混ぜて絡めます。

盛り付け完成です。

あとがき

主菜は決まったけど、ちょっと野菜が足りないな、といったときに重宝します。ほうれん草もほぼ同じ方法できるので、日によってほうれん草にするのもいいですね。
冷蔵で3日ほどは持つので、常備菜としても重宝しています。

このブログについて

日々の生活の中で気になったモノや、印象に残ったコトを、スクラップブック(スウェーデン語:KLIPPBOK)のように記録しています。
料理レシピは、日々の料理で気になった点などを随時更新し続け改善していければと思っています。
また、料理が少し苦手な妻も作れるようにと書いているので、妻が失敗しそうなポイントにも重点をおいています。
妻と娘2人(3才/1才)の4人家族。

ABOUT