TOP > 料理 > フライパンで「カレイの煮付け」レシピ
フライパンで「カレイの煮付け」レシピ

更新: 公開:

フライパンで「カレイの煮付け」レシピ

白ごはんとの相性抜群のカレイの煮付けです。カレイも美味しいですが、一緒に煮付ける長ねぎが最高に美味しいです。身が崩れしやすいので重ならないようにフライパンで調理します。 冬は子持ちの卵も美味しいですね。

材料

2人分

  • カレイ ・・・ 2切れ
  • 長ねぎ ・・・ 2本
  • 生姜 ・・・ 1かけ(1かけは親指程度)
  • 鷹の爪 ・・・ 1本
  • 水・調味料
    • 水 ・・・ 大さじ6
    • 酒 ・・・ 大さじ6
    • 砂糖 ・・・ 大さじ1
    • 醤油 ・・・ 大さじ2
    • みりん ・・・ 大さじ2

つくりかた

野菜の準備

長ねぎ

長ねぎは4cm程度に切りにします。青い葉の部分は食べるには少し硬いので、臭い消しのためにとっておきます。

生姜

生姜は、古くなければ、皮をよく洗って皮ごと使います。皮に香りがありますし、煮付けであれば見た目も気になりませんので。

繊維に対して垂直に2mm程度の薄切りにします。繊維を断つことで、より香りなど成分が浸み出しやすくなるそうです。

鷹の爪

鷹の爪は、臭みを抑えるために入れますが、辛みは出したくないので、ヘタのほうから種を出しておきます

カレイの下ごしらえ

煮ると皮が縮んで煮崩れの原因になりますので、皮に切り込みを入れます。中央に十字になるように入れるといいと思います。切り込みがあると食べる時も食べやすいです。

臭み・滑りを取り除くために、煮付ける前にさっと熱湯に通します
フライパンにお湯を沸かします。氷水をはったボウルも用意しておきます。

熱湯の中に、ターナー等を使って、優しくカレイを投入します。数秒で表面が白くなりますので、白くなったら氷水に移します。身が崩れやすいのでターナー等でそっと。2切れ分行います。

氷水の中で、優しく表面をこすり、皮についているぬめりをやさしく落とします

煮付け

大きめのフライパンに、水とすべての調味料(酒・みりん・砂糖・醤油)を入れて、強火にかけます。

ふつふつと沸騰しかけたら、カレイの切り身をターナー等で、優しくそっと入れます。湯通ししたことで崩れやすくなっているので注意していください。
皮が上にくるようにします。

カレイの上に、長ねぎの青い部分を、カレイのない場所に長ねぎの白い部分と鷹の爪を入れます。

アルミホイルやクッキングペーパーで、カレイと隙間がないように落し蓋をします。
煮汁はカレイの上までないので、落し蓋でしっかりと上のほうまで火を通すようにします。
煮立ったら、吹きこぼれないぐらいの火加減にして、4分煮ます。

落し蓋が、沸騰した煮汁で押し上げられて、揺れている状態をキープしてください。煮汁が飛び跳ねて、落し蓋の下で、しっかりとカレイに行き渡るイメージです。

4分経ったら、生姜を入れます。再度落し蓋をして、同じ火加減でさらに4分煮ます。

蓋を開けて、カレイに火がしっかりと通っていれば完了です。
崩れやすいので、慎重にターナー等で、お皿に盛りつけます。とろとろになった長ねぎと生姜と鷹の爪も横に添えておきます。

残った煮汁を強火にかけて、とろみがつくまで煮詰めます。
とろみのついた煮汁を、カレイの上からかけたら完成です。

カレイと長ねぎで、白ごはんが止まりません。日本酒との相性も。
意外?と3歳と1歳の娘も、大好きです。特に長ねぎが気に入ったみたいで、いつもたくさん食べます。

このブログについて

日々の生活の中で気になったモノや、印象に残ったコトを、スクラップブック(スウェーデン語:KLIPPBOK)のように記録しています。
料理レシピは、日々の料理で気になった点などを随時更新し続け改善していければと思っています。
また、料理が少し苦手な妻も作れるようにと書いているので、妻が失敗しそうなポイントにも重点をおいています。
妻と娘2人(3才/1才)の4人家族。

ABOUT